興味を持ったことはなんでも書いてく雑記になる予定。MMO・料理・IT系・映画漫画感想・美容もろもろ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろぜ
 
[スポンサー広告
生きてることの証明にテンプレ変えてみた(日常)
4日間連続飲みで、かなりグロッキーだったろぜっこです。
フ・・リア充だからってひがむなよチミィ。
3日目「もう私をひとりにして・・。」
4日目「もうどうでもいいや。」
幅広い年齢層から、色々な情報が聞けるから好きなんですけどね。

しかし絶対体重に響いてくるんだけどこれ・・。
7月健康診断なの分かってる?
飲み会とかなんなのむしろ集団断食した方がいいと思わない?
飲み会のとき意外は、
 1. 夕食はサラダとお豆腐のみ
 2. お菓子食べない
 3. できるだけお弁当作る
 4. 腹筋する
以上をここに公約として宣言します。
2だけな、挫けそうなんだよな。
平日頑張ったら休日だけお菓子食べてもいい?
いいよね?

という訳で土日は孤独に過ごすんだからー。
先週も先々週も、土日は埋まっちゃってたので、やりたいことたまってる!
冬服と夏服入れ替えてー要らない物整理してー仕事着系ハーパン買いに行ってー久しぶりにお菓子も作りたいしー日曜日はお弁当の下拵えしたいしー動画のお勉強もしたいしー走りたいしー(捻挫してた)けいおんの続き見たいしー(むぎちゃんかわいい)資格のお勉強もしたい(うかんないとくびっていわれた)。
取り敢えず本の感想書くとこからやろうかな!
ということで以下感想メモ。



蒼穹のかなたへ 上
ロバート・ゴダード
読了 10/6/7

ネットのクチコミでおすすめされてる本を調べて、借りてきたのですが、
まあ・・あまり私の好みでは・・。
主人公の心情の変が、すごく詳細に、表現の幅広く書かれているので、
ちょっとの変化まで共有できる文章だと感じました。
謎解き主体のストーリーなので、好きな人は好きなのかな。
謎解きがメインで、スパイスになるようなイベントがあまりない話はあまり好みではないのですよー。
コナンもね、あんま好きじゃないね。
まだ上しか読んでないので、この時点で判じるのは間違ってるのかしら・・。
読み始めちゃったから下も読むつもりれす。
スポンサーサイト
Posted by ろぜ
comment:4   trackback:0
[感想
「写メ撮れば良かった」が口癖になりつつある(日常ネタ)
今日可愛い女の子と映画行ってきて、
4月上映予定の映画のパンフもらったのですが。

http://www.trigun-movie.com/

ちょ、見てえええええええええ!!
原作!大好きなんですよ!
知ってる漫画の中でいちばん好きです・・。
アニメ映画に誘える友達なんていねーよ^p^
しかもマイナーすぐる^p^p^
ひとりでレイトショーコースか・・それもかなりの勇者だが・・。



見てきた映画は?って感じですよね!
「NINE」見てきました。
オスカー女優が揃い踏み。
ニコール・キッドマンがちょう!!!!女神でした。
最後に登場したときはマジで女神!!って思った。
ぺネロぺのセクスィーさも凄かった。
男性陣に聞いたら、「ぺネロぺがいい」って言う人が結構・・。
え、やっぱりああいうのがいいの?w
ケイト・ハドソンは、ミュージカルシーンが気持ち良かった。
あと笑顔がすっごい魅力的だな~って思いました。
弾ける笑顔!って感じで可愛かった。
私が映画中でいちばん好きだった女性は、
マリオン・コティヤール演じるルイザでした。
ルイズの一途さとか、それ故の切なさとかが、
良く表現されていたと思います。
タイプの違う女性が魅力的に描かれていたなと。
ただみんな依存しすぎだとは思ったけどね!

映画見た後ぶらぶらしておりましたら、
フェレットを散歩させてる人がおりました。
つい「さ、触っていいですか!!」と駆け寄ってしまったのですが、
不審者っぽくなかったかが若干心配です。
だってフェレットだぜ?
しかも池袋の真ん中を、フェレット2匹引き連れて散歩だぜ?
これは反応してくれっていう振りだろう・・。
存分に触らせていただきました。
人懐っこい動物だそうですね、フェレット。
友達は一歩引いて見てたけど。
つ、次も映画誘って・・くれるよね?
いやー、写メ撮ればよかった。
Posted by ろぜ
comment:0   trackback:0
[感想
鷲は舞い降りた(日常ネタ)
鷲は舞い降りた
ジャック・ヒギンズ
読了 10/3/31

久しぶりに濃い小説読んでました。
有名らしいので、知ってる人は多いのかな?
いつも通りあらすじそこそこ感想主体で。
主要人物の生き様が兎に角格好良い。
真っ先にくる感想はこれですね。
何のために戦っているか分からない状況で、
あれだけ結束して戦えるのは、
「この人のためになりたい」、「この人になら全て委ねられる」、
という忠誠心と信頼関係からだとは思うのですが
(そして私はそういった関係が好きではあるのですが)、
やはり戦争という状況が作り出しているように感じてしまいます。
話全体としては、何のために戦うのか、戦争の無情を感じました。
史実や自己の体験ではなく、
小説の中の登場人物やその関係者から聞き出した話が基にされています。
激しく感情移入ができるような書かれ方ではなく、
読み手は傍観する側に立つことになります。
(私の主観なので、感情移入出来る方もいると思いますが‥。)
そのことも、こちらからはどうすることも出来ない遣る瀬なさを
感じさせる要因になっていた気がします。
いちばん、それを感じさせるのは、
落ちとも言える最後の部分だと思いますが‥。
デヴリンが戦争を終えて尚、戦いの場に身を置いたのは、
自分で意味付けを行えるもののために戦いたかったからなのではないかと、
これは勝手な憶測です。
しかし全てを捨て置いても、
彼等は「勇気のある立派な軍人だった」ことに変わりはないと思います。
手元に置いてもう一回読み返したい類の本でした。
歴史背景を良く知ってたら、もっと楽しめるんだろうなあ。



さて、こっからは全く関係ない話なんですが、
アトピーっぽくなってしまった模様。
そんなに酷くはないのですが‥うーん、痒いよう。
対策をGoogle先生に聞いてみた。
すぐ出来そうなのはこんなところ。

①お風呂で保湿力うp。
②ミネラルウォーターを1日500ml~1l飲む。
③ファーストフード、インスタント食品を控える。

シャワー派であんまり水分取らない子です先生すいません‥。
そいから、アロマで効果があるらしく、早速注文したんお。
「ティートゥリー」。
殺菌・精神安定効果。
花粉症にも効くらしいよ。
お風呂に混ぜて入るといいみたいです。
アロマ風呂‥なんか優雅ジャマイカ‥。

お医者さんが出してくれるステロイド系の薬は、
どうもずっと使い続けなきゃいけなくなるようなので、
なるたけ自然に治したいなー。
Posted by ろぜ
comment:0   trackback:0
[感想
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。