興味を持ったことはなんでも書いてく雑記になる予定。MMO・料理・IT系・映画漫画感想・美容もろもろ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろぜ
 
[スポンサー広告
鷲は舞い降りた(日常ネタ)
鷲は舞い降りた
ジャック・ヒギンズ
読了 10/3/31

久しぶりに濃い小説読んでました。
有名らしいので、知ってる人は多いのかな?
いつも通りあらすじそこそこ感想主体で。
主要人物の生き様が兎に角格好良い。
真っ先にくる感想はこれですね。
何のために戦っているか分からない状況で、
あれだけ結束して戦えるのは、
「この人のためになりたい」、「この人になら全て委ねられる」、
という忠誠心と信頼関係からだとは思うのですが
(そして私はそういった関係が好きではあるのですが)、
やはり戦争という状況が作り出しているように感じてしまいます。
話全体としては、何のために戦うのか、戦争の無情を感じました。
史実や自己の体験ではなく、
小説の中の登場人物やその関係者から聞き出した話が基にされています。
激しく感情移入ができるような書かれ方ではなく、
読み手は傍観する側に立つことになります。
(私の主観なので、感情移入出来る方もいると思いますが‥。)
そのことも、こちらからはどうすることも出来ない遣る瀬なさを
感じさせる要因になっていた気がします。
いちばん、それを感じさせるのは、
落ちとも言える最後の部分だと思いますが‥。
デヴリンが戦争を終えて尚、戦いの場に身を置いたのは、
自分で意味付けを行えるもののために戦いたかったからなのではないかと、
これは勝手な憶測です。
しかし全てを捨て置いても、
彼等は「勇気のある立派な軍人だった」ことに変わりはないと思います。
手元に置いてもう一回読み返したい類の本でした。
歴史背景を良く知ってたら、もっと楽しめるんだろうなあ。



さて、こっからは全く関係ない話なんですが、
アトピーっぽくなってしまった模様。
そんなに酷くはないのですが‥うーん、痒いよう。
対策をGoogle先生に聞いてみた。
すぐ出来そうなのはこんなところ。

①お風呂で保湿力うp。
②ミネラルウォーターを1日500ml~1l飲む。
③ファーストフード、インスタント食品を控える。

シャワー派であんまり水分取らない子です先生すいません‥。
そいから、アロマで効果があるらしく、早速注文したんお。
「ティートゥリー」。
殺菌・精神安定効果。
花粉症にも効くらしいよ。
お風呂に混ぜて入るといいみたいです。
アロマ風呂‥なんか優雅ジャマイカ‥。

お医者さんが出してくれるステロイド系の薬は、
どうもずっと使い続けなきゃいけなくなるようなので、
なるたけ自然に治したいなー。
スポンサーサイト
Posted by ろぜ
comment:0   trackback:0
[感想
comment
comment posting














 

trackback URL
http://rohanchacha.blog25.fc2.com/tb.php/50-41cde8c2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。